注文住宅にかかる費用|豊富な知識をつけて後悔しない注文住宅を建てる

注文住宅の予算決めはここをチェックしておこう

注文住宅を依頼する会社を選ぶ

注文住宅を建てる前に、注文住宅を依頼できる会社の種類を知っておきましょう。あなたがどんな家を建てたいのかによって最適な会社も変わります。

注文住宅を依頼できる会社の種類

ハウスメーカー

大手のハウスメーカーで注文住宅を建てる方は多くいます。信頼性が高く、保証やサービスも高いので3つの種類の中では最も安心して依頼できる会社です。

工務店

安い費用で建てられ、職人が多い会社が工務店です。注文住宅の場合は、工務店への依頼が人気です。ハウスメーカーに比べても融通がききやすくこだわりがある人には最適な選択肢です。

設計事務所

設計事務所は、設計に力を入れることができます。細かいところまで気のきいたデザイン性の高い家を建てたい時は設計事務所への依頼がうってつけといえます。

注文住宅にかかる費用

カップル

土地代

厚木で注文住宅を建てる際に、まず確認しておきたい費用が土地代です。土地そのものの代金は、注文住宅にかかる全費用の中でも大きな割合を占めます。しかし、土地代に費用をかけすぎると建物自体のクオリティが下がってしまいます。土地代にお金をかけすぎてクオリティの低い家に住むのと、土地代を上手く節約してクオリティの高い家に住むのとでは、後者の方が快適に過ごせるでしょう。

解体工事費

家を建てる場所に古屋があったり、家自体を建て替える場合に解体工事費が必要になります。解体工事費は1坪5万円以内が目安になります。解体工事費は家の場所によって値段が大きく変わるため注意が必要です。例えば重機が入らないような狭い場所で解体を行う場合は、手作業がメインになるので解体費用は高くなる傾向にあります。解体工事費もしっかりと予算内に入れておきましょう。

工事費

工事費も必要費用の中で大きな割合を占めます。構造や床面積、依頼先で大きく変わるため、費用も高くはなりますが、やり方によっては大きく節約することも可能な部分です。家の種類によっても値段は変わります。木造住宅が一番安く済ませることができ、次に安い家が鉄構造住宅、最も高いのが鉄筋コンクリート造住宅です。

設計料

どの会社に依頼するかによっても変わる設計料ですが、意外と高くついてしまう部分でもあります。工務店やハウスメーカーに比べると設計事務所の方が設計料は高くなる傾向にあります。設計料は、建設にかかった費用の数%から数十%になります。高いところだと建設にかかった費用の25%ほどが設計料になる会社もあります。事前に依頼先へ確認しておきましょう。

広告募集中