家を安く建てる方法|豊富な知識をつけて後悔しない注文住宅を建てる

どのように家を建てるか

家を建てる時に気になることが「どうやって建てるか」という点です。住宅には主に4つの種類があり、それぞれ建て方や費用が変わります。

住宅の種類

建売住宅

建売住宅は、あらかじめ完成している家を購入するタイプの住宅です。事前に家が建ててあるので、見学をすることができます。また購入価格が他の住宅の種類に比べて安くなるメリットがあります。

規格型住宅

建売住宅よりは、自由度が高いですがオーダー型住宅に比べると自由度は低い中間に位置するタイプの住宅が規格型住宅です。間取りが決められているカタログから好きなものを選んで家を建てることができます。

セミオーダー型住宅

セミオーダー型住宅は、とても自由度が高いタイプの住宅の種類です。ある程度は家の仕様が決まっていますが、間取りなどは自分で決めることが可能です。

フルオーダー型住宅

最も自由度が高い住宅の種類がフルオーダー型住宅です。注文住宅ともいいます。自由度が一番高いことがメリットですが、その分価格も高くなる傾向にあります。

家を安く建てる方法

住宅模型

土地の形がポイント

厚木で家を安く建てたい場合は、土地の形状に注意しましょう。土地の形状が正方形に近いほど、家は低価格で建てることができます。なぜ正方形が良いかというと、家を建てるときは正方形の方が費用がかからないからです。そのため土地の形が正方形だと無駄が生じず結果的に費用を安く抑えることができます。

建物の形状がポイント

建物の形状も費用を安くするポイントになります。建物は正方形の方が余分な材料や技術が必要なく安く建てられます。そのため、安くで家を作りたい方は、正方形に近い間取りを考えるようにしましょう。また、家の中のスペースも広くとりやすくなります。

階数がポイント

最も安く建てられる階数が2階建てです。同じ面積ならば、平屋よりも2階建てで設計するようにしましょう。しかし、3階建てになると平屋よりもコストが高くなる可能性があるので注意が必要です。また、地下に作りたい場合もコストは高くなる傾向にあります。

土地の大きさがポイント

土地が小さすぎると、建物の形状が複雑になりやすいので結局高い費用がかかることがあります。そのため、小さすぎる土地に家を建てることは控えましょう。広すぎず狭すぎずのちょうどよいバランスの土地を見つけ、その土地に合った広さの家を建てることが肝心です。

広告募集中